え!双子~!?

昨日はD10卵胞チェックのため、クリニック受診日でした。

排卵はまだのようでしたが、先生いわく、卵胞の成長が早いですねと。
そして先生からはこんな意外なひとことも。

左右ともに卵胞が大きく育っています。同じくらいの大きさなので、ふたつ排卵する可能性もあります。双子になる可能性があということですので、その覚悟をしておいてくださいね・・・と。

実はエコーの際に、画面がこちらも見られるのですが、素人目に見ても両方大きくなってるなぁ、いい感じじゃない?なんて思っていたのです。

今周期、以前の投稿にもあるように(途中になってしまっていますが・・・)、なんとなくの興味で「卵胞期の過ごし方」というキーワードで検索してみたのですが、そこで目からうろこ情報が。
というのも、卵胞期の過ごし方がなによりも大事だということを初めて知ったのです。
(詳しくは別投稿ご参照ください。)

リセットのストレス解消から、リセット仕立ての頃は、ついついいろいろな我慢していたものを解禁にしがちだったのですが(お酒や、カフェイン、甘いものなどなど)、実はこの時期にいかに過ごすかで結果が大きく変わってくることを知りました。

そこで今回はD1 から、かなり気合入れて妊活を頑張っていた甲斐あっての、卵ちゃんの順調な成長?ってことなのでしょうか・・・??

それにしても双子というのがあまりに驚きで。
まさかそんなことを言われるとは思っておらず。

ただ、私の場合、着床しにくいという問題もありそうなので、2つのうち1つでも受精して着床してくれたら万々歳!
もちろん、結局1つしか排卵しなかったということにもありえます。

やはり兄弟姉妹がいた方がいいよねなんて思っていて、それに家族多いのって楽しそうだなと、子どもは2人以上欲しいなぁなんて漠然と思っていましが、自分の身体は妊娠しにくいという事実を知ってからというもの、ひとりでも授かればありがたい、その時は家族3人仲良く暮らしていこうと思っていました。

順調に妊娠したとして、出産が38歳の予定。
ふたりめとなると、さらに年齢が上がるので、私には難しいだろうなぁとも。

双子ということは考えてみませんでしたが、もしそうなればすごいことですよね。
言われた当初は不安がよぎり、今回はタイミングを合わせるのを見送ろうか・・・とも一瞬、よぎったのですが、不安以上に大きな喜びがあるような気がして、それにとても大きな奇跡のような気がして、そうだったらいいのにな・・・なんて、ずっと考えています。

先生にそんなことを言われてからというもの、双子だったら男の子と女の子がいいな・・・とか、いろいろ考えて、頭の中は双子のことばかり!
突然の希望に胸ときめかせています。

不妊治療中とはいえ、まだタイミング法を取っている私は、排卵誘発剤を使用していないので、その状況で双子を授かるってことはまさに奇跡なんだと思います。

受精そして着床のタイミングがちょうどクリスマスの頃。
そして妊娠判定はお正月になります。

ミラクルとハッピーが訪れてくれそうで、そんな希望を信じつつ、後半も過ごしていきたいと思います。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-12-20 11:03 | クリニック
<< 生理後・排卵日2,3日前の妊活まとめ 生理6日目以降の妊活まとめ >>