カテゴリ:未分類( 2 )

別居することになりました

タイトルの通りです。

実は年末くらいから、夫婦仲がうまくいっていませんでした。
原因はいろいろあります。いろんなことが積み重なっての今です。

ブログに書こうか正直迷いましたが、自分の気持ちの整理も含め、いまの自分の思いを正直に綴る場でありたいと考え、書くことにしました。

本来であれば、今年から人工授精にステップアップ予定でしたが、夫の協力が得られず見送ってきました。
夫からは「正直、わたしの子どもを欲しいと思えない」と言われました。本当にわたしが好きだったら、ふたりの子どもが欲しいと思うと、でもここ最近、子づくりに協力してきたのは、わたしが年齢的にもリミットがあるということと、加えて夫としての義務的な気持ちだったからだと。

正直、これを聞いた時はとても凹みました・・・。

夫が妊活に対して、あまり前向きでないと感じるようになって(当初はとても協力的でした)、その理由は、経済的なことと、夫がもともと子どもがあまり好きではない(苦手)からだと思っていたのです。

夫は、子どもは苦手だけど嫌いなわけじゃないし、自分の子どもはやはり欲しいと思う。それに苦手だと思っているけど、自分も変われるんじゃないかという期待もある、そう言いました。
そんな気持ちを持っている夫が、子どもを欲しくないということは、やはりわたしとの子どもが欲しくないということなんだと思います。

実は以前より、夫の気持ちが離れて行ってしまっているのは薄々感じていました。
理由はいろいろあります。夫側の問題もありますが、その原因をわたしが作ってしまったともいえます。
特に、不妊治療を始めた昨年1年は、わたしは焦りの気持ちなどから、知らず知らずのうちに夫を追い詰めていたのかも・・・とも思いますし、思いやりとか配慮が欠けていたのだと思います。
夫の立場になって考えてあげられなかった。夫を支えられなかった。

わたしたち夫婦は、元々はとても夫婦仲がよく、まわりからも評判の夫婦でした(だったと思います)。
それに安心しきっていたのかな。
夫に甘えていたのかな。

時すでに遅しですが、わたしは今でも夫のことが好きです。
できれば、夫との子どもを授かり、育て、そしてもう一度、仲良しの幸せな家庭を築いていきたいと思っています。
今まで多くを望んできましたが、今の願いはこのひとつです。

別居は夫の強い希望です。
わたしとしては、別居となると離婚が避けられないような気がして、とても避けたかったのですが、夫はわたしと生活を共にすることにもう限界を感じているようです。迷っていて答えを出せない状況なのだそうです。だからひとりになって冷静に考える時間を持ちたいと言われたので、わたしは彼の意見を受け入れることにしました。

正直、とてもつらいです。
わたしはひとりになって、どんな心持ちでいればいいのか。

夫が戻ってきてくれることを望んでいますが、どういう結果になるかは、まったくわかりません・・・。
もう子づくり以前の問題ですね、夫婦ふたりでもいいから、これからもやっていきたい。心からそう思っています。

夫の心が離れてしまった原因のひとつ(とはいえ大きなところ)が、わたしへの信頼がなくなってしまったことです。
これはもちろん心当たりがあり、本当に申し訳なく思っています。

一度、失った信頼を取り戻すのって難しいです。
信頼を取り戻すまでには、とてもとても長い時間がかかるかと思いますが、どんなに時間がかかっても、その日が来るまでわたしは待ちたいと思います。
並大抵の努力ではその信頼を回復させられないかもしれないけど、わたしは変わります。そして努力します。

夫は来週、家を出て行く予定です。そしてその日は、わたしの生理予定日。
次の生理が来るかどうか、かつてないほどにつらいカウントダウンになりそうです。

今後、どうなるかはまったくわかりませんが、どうぞそっと見守っていてください。





[PR]
by ri-ri-co | 2014-04-10 10:56

リセット予定

残念ながら今回は陰性でした。

D25にあたる昨日は、妊娠判定をするよう医師より指示をされていた日。まだ生理は始まっていませんでしたが、朝起きて検査をしたところ、2本目のブルーの線は現れてはくれませんでした…。妊娠検査薬を使用するのはこれで4回目なのですが、やっぱりこの瞬間というのは慣れません。心が落ち着かず、ざわざわしますね。

どういうわけだか、陰性とわかった瞬間、あぁやっぱり…と、どこかで気持ちが落ち着くような部分もあって。結局のことろ、恐れていることの結果が出るまでが怖いのであって、結果がわかったことで、それが望ましいものでなくむしろ恐れていた結果であったとしても、それまでの心かき乱されるような心の状態が、スーッと鎮まっていく不思議な感覚。これをカタルシスというのかな。たぶん、ある種の心の浄化なのかもしれません。

今日はD26。基礎体温もいまだ高温期続行中で、生理も来る気配はありませんが、陰性なものは陰性。ただひとついい兆候としては、平均24,25日と短めなことが気がかりだった生理周期が26日現在もまだ記録更新中というところ。これは日々、努力していることが結果として表れてきているのかなと期待することにします。


3連休の初日、朝から思い切りわたしを凹ましてくれたわたしの身体。もちろん多少は落ち込みますが、やはり気持ちは次へとつなげていかないと…。
今回はなんとなく良い結果が出ていそうな気がしていたこともあり、現実を受け入れがたかったです。

そんな昨日は、夕方からエステの予約を入れていたので行ってきました。
肩こりがひどいので、マッサージやリフレクソロジーは、たまに行くこともあるのですが、チェーン系の比較的リーズナブルなお店なので、昨日行ったような、いわゆるエステはとても久しぶり。今回はフェイシャルのスペシャルケア70分を予約していたのですが、フェイシャルだけにとどまらず、リンパマッサージの首、ヘッド、肩、デコルテ、背中までマッサージをしていただき、まさに至福のひととき。ほんと心から幸せ~なひとときでした。心からリラックスできて、今日という日に予約を入れていたことに「でかした!わたし!!」と。

予約を入れた時に、この日あたりが結果が出ているであろうことはわかっていたので、良い結果なら自分へのお祝のプレゼント。もし悪い結果だとしたら、残念でしたと、自分をいたわり励ますため…と思っていたのかもしれませんね。

昨日に予約を入れていて本当によかったです。最近、知らず知らずのうちに思いつめていたので、いいリラックスになりました。
1カ月に1日くらいはこんな日を作ってもいいかも…。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-15 18:58