カテゴリ:日常( 1 )

心落ち着かない1週間

おそらくベビ待ちをしている人にとって、もっとも落ち着かない1週間を今まさに過ごしています。排卵が終わり、着床、妊娠へと進んでいてくれるかどうかの結果を待つ、そんな1週間。

現在D21。生理予定日は今週末なので、気にしないようにしようとは思いつつも、この期間は毎朝、基礎体温を測る際は、やはり少し落ち着かないのです。
それでも、これまで何度かのリセットを経験し、成るようにしかならないこともわかってきたので、今週期は基礎体温の記録も実に事務的にこなせるようになった気がします。(これまではというと、グラフを眺めてはあれこれ一喜一憂してました)

自分は本当に無知だったなぁと思うのは、どういう根拠から来るのか、自分はすぐに妊娠できるだろうと信じてやまなかった点。おそらく長年服用していたピルをやめる際、それまで処方をしてもらっていたクリニックの先生に、そう告げたところ「ピルの服用をやめた直後は妊娠しやすいとも言われていますしね…」の言葉をそのまま真に受けてしまったから。先生が後で付け加えた、(カルテを確認しながら)「でも、年齢を考えると今日からでも子づくりを始めた方がいいぐらい…」は、耳に入っていなかったのでしょう。

今では笑い話ですが、1周期めなどはこれで夫婦ふたりの生活もいよいよ最後だなぁと、感慨深い思いにふけったものです。夏休みは旅行に行けないなぁ、大好きなスポーツクラブも退会しないと、夏にある仕事のイベントは身重で大丈夫だろうか…などと、今となっては杞憂な心配をしたり。

さすがに今は、もう取り越し苦労な心配こそしませんが、食生活や生活習慣にはこれまで以上に気を遣い、ストレスをなるべく抱えない、規則正しい生活を送ることのみ心がけ、あとは比較的マイペースな毎日を送っています。
そんな生活もこれまでは、ちょっとストイックだったというか、自分に課してる印象がどうしても強かったのですが、最近はすんなりと自分の日常に組み込まれている感じで習慣になりつつあるのです。人間の適応能力とやらはすごいものだと感心さえするのです。

でも。
リセットして新しい周期になる度に、次回めでたく妊娠したら出産予定日はいつ頃かな…という、夢の計算はしてしまうのですけど。
[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-10 13:39 | 日常