カテゴリ:ふと思うこと( 10 )

明日が判定日

今日はD30.
明日は判定日になります。
この2,3日は気が気でないというか、またしても落ち着かない日々を過ごしています。

前回のクリニックで、妊娠検査薬を渡された際に、先生より11月10日に判定をしてくださいと言われたのですが、今回の判定日は以前にも増して長め設定だなぁ(回を重ねるごとになぜか周期が伸びてます)、今回はD31に当たる日が判定日だから、いくらなんでもその日までに生理が来てなかったら妊娠の可能性はかなり高いだろうし、その日を待たずして生理を迎える可能性も大だよな…なんてことを考えていたのです。

前回も書いたように、今回はタイミングをうまく取れなかったこともあり、かなり望み薄なことからも、半ば諦めていたのですが、なぜか今日になっても生理はまだ来ず・・・。

素直に期待したいところなのですが、実は週末におりものに少しピンクっぽいものが混ざることがあったので、あぁやっぱり今月もやってきたか・・・と思えば、その後また普通のおりものが続くという状態で。
先月までは、ピンクが混ざるようになってからは少なくとも翌日には生理が来たので、いつもとは違う状況にとまどうばかり。

そして今日またピンクっぽいものが混ざっていたように思うのですが、また何もない状態に戻っていて・・・。
すべては明日わかることなのですが、このなんとも落ち着かないというか期待してしまう状況がなんだか切ないのです。

実は今朝の基礎体温が一気に36.55度に下がっていたので、あぁやっぱり・・・という感じだったのですが、もしかしたらきちんと測れていないかもとその10分後くらいに測り直してみたところ、36.7度になってました。これならまだギリギリ高温期と言えそう。なんとも諦めの悪い私です。

今タームにデビューした鍼灸治療は週1ペースで通っています。
もっとわかりやすいくらいの反応が見られるかなと期待していたのですが、特に体感としての変化は何もなく。
逆に、口のまわりに吹き出物が出たり、風邪をひいてしまったりとかえって散々な日々でした。でもこれが鍼灸の影響とも言えませんが。
実はその風邪というのが、悪化してしまいかなりつらかったので病院に行きました。当然、薬を処方されるわけですが、それがタイミングの悪いことにちょうど着床時期だったのです。
今回はそもそも妊娠の確率も低いと思っていたので、薬も飲んでしまい・・・。

なんだかなぁ・・・という感じの今タームでした。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-11-12 15:57 | ふと思うこと

諦めモード

なんだかブログを書く気分になれず…、ずいぶん更新が滞っておりました。

今期は気候のせいなのか、日々忙しく余裕がなくなっているせいなのか…、とにかくやる気がなくなってしまって、ずいぶん適当な妊活になってしまっています。
生活習慣でいうと、甘いものやコーヒーも結局やめられずにいるし、いまひとつウォーキングや子宝マッサージ、妊活ストレッチの時間が取れずにできない日々だし。

こんなんでは、今期は妊娠する気がまったくしないなぁと。

そんな投げやり感にさらに追い打ちをかけるようにタイミングも取れず…、もう今回は消化試合って感じです。(苦笑)

タイミングは1回は取れたのですが、ベストなタイミングとは思えず。
実は夫の精液検査をなんともタイミングの悪い時期に予約を入れてしまい、検査を受けるにあたって禁欲をしなければならないので、その前日まではタイミング取れず。

検査当日くらいから取るのがベストな読みでしたが、当日はもちろん見送り。翌日は夫が疲れ果てていたため取れず。

その翌日になんとか1回取れたのですが、どうもその日が排卵当日だったようで…。
排卵当日にタイミングを取るのはあまり受精率が高くないと聞いていたので、期待が薄く…。その翌日以降も夫が疲れ果てていたのと、もともと望みも薄いって感じもあったので、結局その後はタイミング取らず。

実は、当初の予想ではタイミングを取れた日以降に排卵するのではと思っていたのですが、今期から排卵検査薬を使い始めたところ、反応がなかいまま高温期に入ってしまったので、やはり今回の排卵は早かったようです。
(検査薬が届いたのがタイミングを取ることのできた2日後だったのです)

今回はなにもかもタイミングが合わなかったみたいですね。
まぁ、きっとこんなこともあるでしょう。

7クールめのクリニック受診状況としては、卵胞チェックと初めて精液検査も受けました。
検査の結果は次回に聞く予定です。次回は来週、排卵後の確認です。


実は今期は、鍼灸治療デビューもとうとうしました。
当初の予定では、夫の精液検査を受けて問題がなければ、人工授精にステップアップしようかなと考えていたのですが、少なくとも年内はタイミング療法でいこうかなと考え直したところです。

というのも、鍼灸の先生の診断によると、子宮まわりの気のめぐりが滞っているだろうとのことで、治療を続けて子宮の状態を整えてからステップアップしてもいいのでは、とのことでした。

詳しい説明はしていただきましたが長くなるので省略しますが、それを聞き、なるほどと納得できたので、わたしも同じ気持ちになった次第です。

いずれにせよ、金銭面の問題でステップアップは躊躇するところもあったので、クリニックに通いつつも鍼灸の先生を信じて治療を続けてみようと思います。

あと、個人的な妊活ももうちょっと頑張ろうと思います。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-10-28 14:44 | ふと思うこと

6クールめ リセット

D29にして、残念ながらリセットです…。

というわけで、今回の生理周期は28日でした。
ピル服用をやめてから28日というのは最長記録です。長くても26日だったので、28日目などは妊娠を確信し、すっかり妊婦になった気でいただけに29日目に検査薬で判定結果を見た時のショックといったら…。

実はその前に、おりものに少しピンクっぽいものが混ざるようになったのを見て、多少の覚悟もあったのですが、期待をしてしまっていただけにショックは大きかったです。

ただ今回は、胸の張りがいつも以上に強かったこと、そして検査薬に超ごく薄のラインが出ていたのが気になり、もしかしていいところまでは行っていたのではないかなぁなんて。

さっそく気を取り直して、次回のクリニックの予約。
次回は通水検査をD7~10頃に受けるようにと言われています。そろそろAIHへのステップアップも考えられるので(本当はもっと早くにステップアップしていてもいいのかも…)、これまで避けて通っていた、夫の精液検査も受けなければ。

そして今周期は、鍼灸デビューもします。
以前より、次に妊娠しなかったら鍼灸治療も始めようと決めていたのでいざ実行です。ギリギリまで、漢方か鍼灸どちらにするかとても迷ったのですが、鍼灸の扉を叩くことに。
経済的余裕があればどちらも並行して…が、理想なのでしょうが。

今後も節約&貯金はもっともっと頑張らないとですね。

週末は久しぶりに母とショッピングを楽しみました。
この日はまだ生理が来ていなかったので、母に近々良い報告ができるかも…なんて思っていたのですが、なかなか喜ばせてあげることができないな。


生理のせいなのか、天気のせいなのか、今日は朝からすごくイライラするし、思考がとってもネガティブ&攻撃的でとても嫌になります。
こんな時にFBは本当にキケン…。(苦笑)

元々あまりアップすることなく、ただ登録してみただけ…的な要素の強かったフェイスブックですが、不妊治療を始めてからはさらに遠のいた感じがあります。
最近はアクセス&ログインさえしないのですが、どうしても仕事でチェックする必要もあり、まったく見ないわけにも行かず…。

友人・知人たちがアップする、何を見てもイライラしてしまう、そしてザワザワとしてしまう、そんな自分の心の狭さにちょっとうんざり…。

見てはいちいち、そんな気持ちになるくらいなら自分から距離を置けばいいんだ…と、フェイスブックから離れてみることにしました。

今のこの悩みが解消された時に、楽しくまたフェイスブックでの友人たちとの交流ができるようになれば、それはそれでよいと思うし。
身勝手なのかもしれませんが、自分の感情を押し殺してまで平静を装えるほど大人にはなれず、心に余裕も無いので、そんな時は自ら距離を取ってみるのは、今できる最善の策だと思うのです。

誰にも言えない心のもやもや、今日はちょっと吐き出してみました。。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-10-15 16:23 | ふと思うこと

今まさにこの時

今日から基礎体温がぐっと上がり、どうやら高温期に突入したようです。
すでに排卵も終わっていると思われるので、あとは無事に受精し着床してくれることを願うばかり…。

昨日、夫が「お腹にふたりの赤ちゃんいるかな?」なんて冗談で言っていたのですが、きっとこの人も、口には出さないものの赤ちゃんを心待ちにしているのだなぁ…と感じる瞬間でした。
今現在は、タイミング法を取っていることもあり、仕事で忙しい夫にはお疲れの所、ほんとよく協力してもらっていると思います。

病院での排卵前のチェックは1回で、排卵検査薬なども出されないため、あくまで排卵日は予測のもと。誤差も計算し、タイミングはなるべく取るようにしているので、正直、夫はかなり大変なのではないかと思うのです。そんな夫に申し訳ないな・・・と思う気持ちと、ありがとうという感謝の気持ちを込めて、昨日は足つぼ&フットマッサージをサービス。

とても気持ち良かったみたいで、何回もありがとうと言っていた夫。よほど疲れていたのでしょうね・・・。

夫の疲労度によって、当初予定していたタイミングが取れない時もあるのですが、そんな時、焦りから少しイライラとしてしまっていた私。まだまだ大丈夫かと思っていたのですが、少なからず自分にプレシャーをかけているようで、精神的にやや追い込まれているのかもしれません。
そんな心理状態でタイミングを持つというのは、本来であれば本末転倒。ところが、もちろんそんなことはわかっているけど、なかなか難しい・・・。

でも今回の足つぼマッサージでのコミュニケーションは、良いきっかけになったように思いました。ささいなことですが、夫のストレスや疲労が少しでも和らいで、安らいでもらえるならば、夫を気遣う気持ち、これからも大切にしていきたいなと思います。

ふたりの子どもを願うようになって、そして不妊治療を始めるようになって、これまで以上に相手を思いやるという気持ちが強くなったかもしれません。
結婚してすぐに子どもが何の苦労もなくできていたらどうだったでしょうね・・・。そう考えると、私が子どもを産むタイミングは、あるべき時だったのだと思います。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-30 15:13 | ふと思うこと

私の夢

3連休の最終日はクリニック受診日。
排卵前の卵胞チェックを受け、次回は排卵後の受診となりました。タイミングは頑張って合わせるとして、あとは卵が順調に育ってくれることを願うばかりです。

今朝、有給と取っていた夫が、朝からわざわざパンケーキを焼いてくれました。
実は、不妊治療を始めて以来、生活習慣の改善をあれこれ試みている中に、食生活もいろいろ改めているのですが、小麦、砂糖をなるべく取らないようにしています。
そのため私の朝食は、玄米ごはんと納豆、小魚等が定番となり、ほぼ毎日のように食べていたスイーツの間食もしないようにしていたのですが・・・(苦笑)。

あまりストイックになり過ぎるのもよくないと思い、自らは買わない、食べないようにするけれど、人にいただいたり、外食などで食べるシーンに出会った時は無理せずに美味しくいただこう(元々どちらも大好きなので)、というルールを決めていました。
ことろが、この小麦&砂糖断ちを始めてからというもの、職場でも甘いものがこれまで以上に出てきたり、いただきものをしたり、夫がおみやげに買って来てくれたり・・・と、うれしいような悲しいような複雑な誤算が続いています。ほんと不思議なものですね。

このことは夫には言っていないこともありますが、夫の気持ちがなによりうれしかったので、夫が焼いてくれたパンケーキをうれしくいただきました。とてもおいしかった。

記念日や誕生日にサプライズをするような派手さはないものの(とはいえ、ちゃんと覚えていてくれてプレゼントなどはくれますが・・・、贅沢ですね。。)、夫はこういう小さな優しさのかけらのようなものを日々撒いてくれる人です。そんな夫の優しさに触れ、この人が望む、赤ちゃんを産みたいなぁと心から思うのです。彼をお父さんにしてあげたいなと思うのです。

私は生まれてからこれまで、いくつもの夢や願いを抱いてきました。いくつかは叶えることもできたし、精一杯やって無理だったものは諦めることもできました。
今、一番の願いは、夫との間に赤ちゃんを授かること。そして無事生まれ、二人で育て、新しい家族となること。
終わりの見えない夢ではありますが、このことを思うと切なくもあり、とても心躍る高揚感にも包まれるのです。私の人生にとってこれ以上の夢は無いなって思うのです。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-25 12:30 | ふと思うこと

これまでと違う3連休の過ごし方

前にも書いた通り、9,10月は節約のこともあり、友人との約束を極力入れないようにしているので、ずいぶんのんびりとした3連休を過ごしています。

昨日は掃除や洗濯などひとしきりの家事をこなした後は午後から好きなことをしてゆっくり。自宅近くに足湯場があるので30分ほど読書しながら足湯もしてきました。不妊についていろいろ調べていた時に「足湯はかなりいいらしい」ということだったので、時間を作っては足湯も取り入れたいなと。スーパー銭湯で岩盤浴もと思っていますが、まずは無料の足湯にせっせと通って、それでもなかなか効果が表れないようだったら岩盤浴も取り入れてみようかと。よもぎ蒸しパッドもやっていることですし。あまりあれこれやり過ぎて、続けられなくなるようりは、やはり無理のない範囲でできることを。これを心がけていきたいものだなと。

明日はお彼岸ということもあり、今日はお墓参りへ。
お墓参りでお願いごとをしてはいけないと、以前に聞いたことがあるのですが、ついつい子宝に恵まれますように・・・とご先祖様にお願いしてしまいました。きっとご先祖様も子孫の誕生は喜んでくれると思うので、力を貸してくれるといいのですが・・・。

明日はクリニック受診日。排卵前のチェックになります。
祝日なので、いつも以上に待つ覚悟ですが、元々火曜日の予定だったところを、無理言って入れてもらった枠なのでありがたいです。なるべく仕事は休みたくないので、休日受診はとても助かります。

わたしが通っているクリニックは超有名クリニックということもあり、いつもたくさんの人ですが、聞くところによると、ずいぶん遠方から通っている方も結構多いのだとか。わたしは地元なので、近いのはもちろん、交通費もほとんど掛からないのはずいぶん助かります。こうして考えると、信頼できる病院が近くにあり、無料で入れる足湯スポットも近所にあり、今リサーチ中の鍼灸院も近くによさそうな所が数か所もあり。私は恵まれている方だなぁと思うのです。

不妊治療を始めてから、色々つらいことはもちろんあります、孤独だなと思うこととても多いです。でもこれまで気づかなかったことに目を向けるようになりました。そして考えるようになりました。自分の視野が広くなったというよりは、深くなったと感じるそんな毎日です。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-22 20:19 | ふと思うこと

新たな取り組み

次回は生理3日目で受診をするように言われていたので、昨日は午後から早退しクリニックへ。エコーで子宮内のチェックを受け、次回は排卵直前のタイミングで受診予定です。

AMHの値がとても悪かった私ですが、今回を含め2,3回はタイミング法で様子をみることになっています。実は検査結果が出た時に、先生からは「1.0を下回ると(ちなみに私は0.95)体外受精にステップアップする基準ともされています」と言われたので、おそらく、いきなり体外受精から治療をしていく方もいるのでしょうが、意外にも一般的な段階を経てということになったのです。正直、この数値での自然妊娠はかなり難しいのが現実かと思います。でも、ここは自分の潜在能力を信じるしかないなと思って、根拠のない自信ですが、自分を信じて日々を送っている今です。

“冷え”がかなり影響をしているかなと思っているので、今はとにかく冷え対策をあれこれと。今期は鍼灸デビューも予定していて、いまどこに通おうかとあれこれリサーチ中です。有名な所もあるようですが、予算的な問題もあり(有名な所はどうしても高いですね・・・)、良心的価格で自宅から近い(できれば歩いて行ける)所の門を叩いてみようと思っています。そこが良ければ最高ですしね。

漢方も検討していて、ただこれも保険が効かず、調べてみるとだいたい皆さん、月平均3万円くらいのよう。これは正直きついなぁとかなり迷っていたのですが、地元の総合病院で漢方外来をやっている所の情報を得たので、こちらに行ってみようかなと思っています。

結婚7年目で不妊治療デビューをしたのも、元々は経済的な理由からこれまで子どもを持つことを諦めていたから。決して現在も経済的に余裕があるとは言えない状況であることは事実。でも我慢できるところは切り詰めて、できる範囲内で後悔のないよう取り組めることは取り組んでいきたいのです。できなければできないなりに、きっと何か代替案はあるはず・・・。それはベストではなかったとしても、あとは自分を信じて進むしかないなと思っています。

せっかくこれまで夫婦ふたりで頑張ってきたのですから。当時のつらかったことを思えば、子どもを持とうとするにまで至ったことは夢のようなんです。なので、私たち夫婦はまずその大きな壁を越えたということが大きな成果だと思うのです。時間が掛かった分、新たなリスクを負ってしまったのかもしれませんが、とにかく晴れやかな気持ちで前に進んで行きたいのです。本来、挑戦を続けている今というのは、可能性や予感に満ち溢れている時だと思うので。





[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-19 17:30 | ふと思うこと

秋の試練

3連休中に遊びに来てくれる予定だった友人は、これまでに例を見ない大型台風の日本列島縦断により残念ながらキャンセルに。
さすがにあの雨風の中を来てもらうのは、こちらも怖いのでいた仕方ありません。

というわけで、急に予定がぽっかり空いてしまった祝日。
もちろん、出かけるわけにもいかないし、かといって、掃除や洗濯は友人が来る予定だったこともあり、前日までにすべて済ませていたので、ここは休暇のプレゼントをもらった思い、ひとり自宅でのんびりと過ごすことにしました。
ちなみに夫は、仕事に出かけて行きました・・・。(無事帰還しています)

実は9月は3連休が2回もあるということもあり、お誘いをいくつかいただいていたのですが、それらは何かと理由を付けて断っています。
8月から始めた不妊治療は、まだまだ保険の効く範囲内での治療ができているのでありがたいのですが、これからステップアップも視野に入ってきたところで、いよいよ金銭面での問題が避けては通れなくなりそうです。

クリニックに通い始めた最初の1か月・8月だけで既に、5万円弱の支払いになり、これまで以上に節約をする必要も出てきました。友人との楽しい時間はなによりのストレス発散になりますし、かけがえのない時間ですが、優先順位を考えるとそこも少しずつ我慢をしないといけません。そこで、9,10月は約束は入れずに、休日はひとり、または夫との時間を楽しむようにしたいと思っています。

幸い、自宅で過ごす時間もとても好きなので、いろいろ楽しみたいと思っています。人間って結局のところ、適応能力があるものなんですよね意外と。できないことを嘆くよりも、今の状況でしかできないことを逆に楽しむのも手だと思うのです。

不妊治療をしていると、いろいろ我慢しないといけないことが増えてくるのだと思います。そして諦めなければいけないことも。でも、それを決めたのは自分なので、これもひとつの試練と思い、乗り越えていきたいと思います。大好きな秋の楽しみをちょっと我慢して、年末は心から楽しく過ごせればいいなと願いつつ・・・。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-17 07:00 | ふと思うこと

運命の日

今日はいつになく落ち着かない一日になりそうです。

D25にあたる明日はクリニックより妊娠判定をするように指定されている日だからです。今朝の基礎体温は36.90度とここまでは順調。昨日ぐらいからトイレに行くたびに少し緊張気味ではありますが、もうすでに結果は決まっていること。今からなにをしても変わりはないのだし、なるべく考えないよにして(でもやっぱり考えてしまう…)明日を迎えようと思います。

今回の結果がわかっているであろう3連休中には、親友がこの春生まれた愛娘ちゃんを連れて我が家に遊びに来てくれます。この親友は幼稚園からの付き合い。もうかれこれ30年の仲。結婚はわたしの方が数年早かったのですが、出産は彼女が先になりました。彼女が妊娠をしたのと同時に、実は彼女も不妊治療をしていたことを知り、彼女が通っていた病院に現在わたしは通っています。

ちょうど去年のクリスマスくらいに、彼女が妊娠をしていると初めて聞かされた時、正直、やはり素直に喜ぶまでに一瞬の躊躇がありました。言葉にできないなんとも言えない思いが、わたしの心によぎった時には、彼女の妊娠の事実よりも、わたしの心のありようの方がショックだったかもしれません。こんな思いはこれまでも何度となくしてきたけれど(素直に喜べないという)、大親友の彼女の妊娠はせめて我がことのように喜びたかったから。

ところがそのダークな気持ちはその日以来で、それからは彼女の出産をすごく楽しみにし、出産直後は病院にもかけつけ、その後も頻繁に遊びに行っては赤ちゃんの成長を見守ることができています。

実は、前々回くらいまでに妊娠ができていたら、お互いの子どもが同じ学年になれる可能性もあったことで、そうなったらいいなとわたしも少しストイックになってしまっていたのかも。その淡い夢はすでに叶わぬものとなりましたが、今後は家族ぐるみで新たない関係を築いていければいいのにな、きっと楽しいだろうなと考えることはやはり楽しいことなのです。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-13 07:30 | ふと思うこと

母とは

この前の週末、ちょうど掃除に励んでいたころ、携帯が鳴って見ると母からでした。ちょうど美容院が終わって近くにいるので、届けたいものがあるから寄ってもよいかと。

この日は朝早くから活動をしていて、ちょうど掃除も終わるタイミング。もうすぐお昼時ということもあり、どうせなら家でお昼をしていけば?と提案をしたところ、母がお昼を買ってきてくれることに。結局、お昼だけにとどまらず、ケーキと珈琲も買ってきてくれて、ランチそしてカフェタイムを一緒に過ごしました。

ほんと何気ない話しばかりでしたが、わたしにとってはいい気分転換になったような気がします。

母はわたしが不妊治療をしていることを話していないこともあり知りません。理由はやはり心配をかけたくないというのが大きいです。娘がつらい思いをしているかもしれないというのを、わざわざ知らせて気を揉ませることもないかなぁと。もしかしたら母親とは、子どもが悩んでいるならどんなことでも受け入れて、影ながら支えたい、応援したい、と思うものなのかもしれませんが、それはわたしは母親という立場でない以上、わからない感覚なので、ここはあくまで娘の立場として、今はまだ話さないという選択をしました。そして、孫の顔を誰よりも待ち望んでいる母は、ただの一度もわたしにそのようなことを言ったことはないし、この7年間一度も子どもについて触れなかった母の気持ちへの配慮でもあると思うのです。

それに、もし割と早い段階で、できれば自然妊娠ができるようだったら、うれしい報告ができるのですから。

ただ不思議だなぁと思うのは、母はいつもわたしが何かを抱えている時に、絶妙なタイミングで連絡をしてきたりするのです。それは特に結婚をしてから。理由が不妊とは思っていないでしょうが、なんとなく母はそんな状況を本能的に察知していたのかもしれません。もしそうだとすると、やはり母という存在はすごいものですね。

わたしもわたしで、今の悩みの本質を語ることはなかったですが、それを語らずともただ一緒に同じ空間に存在するだけで不思議と心落ち着くその感じが、ちょっと懐かしくもありました。夫とはいい関係ですが、やはり血のつながった家族のかけがえのなさってこんな居心地のよさなのかなと思うのです。飾らなくていいし、偽らなくていいし、無理しなくていいし、そしてなにより自然であるということ。そう思うと、やはり家族っていいななんてしみじみしてしまうのです。


母の訪問でいい気分転換になったせいか、少し気持ちも軽くなりました。気持ちが軽くなるだけで、願いが叶うようなそんないい予感もしてきて。わたしたち夫婦にも新しい家族が増えるといいなと願いつつ。
[PR]
by ri-ri-co | 2013-09-11 10:33 | ふと思うこと