カテゴリ:クリニック( 4 )

9クールめの排卵後チェック

クリスマスの今日は、朝からクリニック受診でした。
さすがに朝一番の診察は、出勤時間帯よりも早いため、激混みのクリニックもガラガラ~。(笑)

朝はバタバタしますが、私はなるべくこの時間帯の予約を狙っています。これより遅い時間の予約だと3時間待ち(ヘタすればそれ以上!)は当たり前ですが、朝一予約は30分程度で終了するので、ほんと助かります。
それにしてもクリスマスだというのに、朝早くから対応して下さる先生はじめ、クリニックのスタッフの皆さん、本当にありがとうございます!

今日はクリスマスということで、朝からFBのタイムラインは楽しい話題でもちきり。我が子のクリスマスプレゼントの様子などが続々アップされるのを見て、来年の今頃は、私も仲間入りができているのだろうか…と思いつつも、心から「いいね!」できない、自分のこの感情に嫌気がさしたり・・・。

難しいですよね。
人の幸せを我が事のように喜びたい気持ちはもちろんあるのですが、正直なところそれは自分の気持ちを偽っているのです、現時点では。
人の幸せを喜べないのって、自分が幸せでないからなんでしょうね。不妊の問題を除けば、私は十分幸せだと思うのですが、今一番の大きな悩みのおかげでそれを持って満たされている人に対して、妬んでしまう・・・。
そんなんだから、私の所には幸せが訪れないんだ・・・とも思ってしまうので、まさに負のループ。

でも不思議と、小さな子どもがいる子で、同じように子どもの話題をアップしていても、
「イラっ」としない人もいて不思議。
この違い、なんなのでしょうね。
あくまで個人的意見ですが、そういう人って行間になんか配慮みたいなものを感じるのかも。
FBの友だちの中に、独身の子もいるし、結婚していても子どもに恵まれない子もいるし・・・と、想定をしてるわけではないと思いますが、わきまえている感じがあって。プライベートをさらすSNSでありながらも、きっとどこかオフィシャルなんだろうなと思います。

実のところ、私ももし不妊という悩みが無く、すぐに子どもに恵まれる立場だったら、我が子に関する投稿ばかりをしていただろうな・・・と思います。

人間は悩みがあるのはつらいことではありますが、その経験は大きな成長につながりますね。不妊治療を始めて、本当にいろいろ考えることがあり、自分を俯瞰的に見つめられるいいきっかけになったことも事実。
つらくはありますが、気づきという点では、私にとっては必要な経験でした。神様が与えて下さった試練なのでしょうね。それを自分で乗り越えなさいと、そして乗り越えて成長しなさい、豊かな心になりなさいと・・・。

不妊治療を始めて約5か月。
長く治療を続けられている方からすれば、まだまだ若輩者ですよね。

いつが終わりかわからない、先が見えないつらさはありますが、新しい年になることですし、運気の流れがよい方向に変わると信じています。

ちなみに今日の受診は、排卵後チェックでした。
左右両方とも卵胞は無くなっているので排卵していますね、とのことでした。

先生は両方排卵していないといいですね、なんておっしゃっていましたが(双子になる可能性があるので)、私は双子の覚悟もできたので、両方とも排卵されていたらうれしいななんて思っています。

仕事をしていることもあり、いつも着床期に安静にすることができないのですが、今期は年末年始休暇のため、ゆっくり休めそうなこともラッキー。
身体をなるべく締め付けない、ゆったりとした服装でいられることもよかったよかった。

年明け、良い結果が出てくれますように!




[PR]
by ri-ri-co | 2013-12-25 15:49 | クリニック

え!双子~!?

昨日はD10卵胞チェックのため、クリニック受診日でした。

排卵はまだのようでしたが、先生いわく、卵胞の成長が早いですねと。
そして先生からはこんな意外なひとことも。

左右ともに卵胞が大きく育っています。同じくらいの大きさなので、ふたつ排卵する可能性もあります。双子になる可能性があということですので、その覚悟をしておいてくださいね・・・と。

実はエコーの際に、画面がこちらも見られるのですが、素人目に見ても両方大きくなってるなぁ、いい感じじゃない?なんて思っていたのです。

今周期、以前の投稿にもあるように(途中になってしまっていますが・・・)、なんとなくの興味で「卵胞期の過ごし方」というキーワードで検索してみたのですが、そこで目からうろこ情報が。
というのも、卵胞期の過ごし方がなによりも大事だということを初めて知ったのです。
(詳しくは別投稿ご参照ください。)

リセットのストレス解消から、リセット仕立ての頃は、ついついいろいろな我慢していたものを解禁にしがちだったのですが(お酒や、カフェイン、甘いものなどなど)、実はこの時期にいかに過ごすかで結果が大きく変わってくることを知りました。

そこで今回はD1 から、かなり気合入れて妊活を頑張っていた甲斐あっての、卵ちゃんの順調な成長?ってことなのでしょうか・・・??

それにしても双子というのがあまりに驚きで。
まさかそんなことを言われるとは思っておらず。

ただ、私の場合、着床しにくいという問題もありそうなので、2つのうち1つでも受精して着床してくれたら万々歳!
もちろん、結局1つしか排卵しなかったということにもありえます。

やはり兄弟姉妹がいた方がいいよねなんて思っていて、それに家族多いのって楽しそうだなと、子どもは2人以上欲しいなぁなんて漠然と思っていましが、自分の身体は妊娠しにくいという事実を知ってからというもの、ひとりでも授かればありがたい、その時は家族3人仲良く暮らしていこうと思っていました。

順調に妊娠したとして、出産が38歳の予定。
ふたりめとなると、さらに年齢が上がるので、私には難しいだろうなぁとも。

双子ということは考えてみませんでしたが、もしそうなればすごいことですよね。
言われた当初は不安がよぎり、今回はタイミングを合わせるのを見送ろうか・・・とも一瞬、よぎったのですが、不安以上に大きな喜びがあるような気がして、それにとても大きな奇跡のような気がして、そうだったらいいのにな・・・なんて、ずっと考えています。

先生にそんなことを言われてからというもの、双子だったら男の子と女の子がいいな・・・とか、いろいろ考えて、頭の中は双子のことばかり!
突然の希望に胸ときめかせています。

不妊治療中とはいえ、まだタイミング法を取っている私は、排卵誘発剤を使用していないので、その状況で双子を授かるってことはまさに奇跡なんだと思います。

受精そして着床のタイミングがちょうどクリスマスの頃。
そして妊娠判定はお正月になります。

ミラクルとハッピーが訪れてくれそうで、そんな希望を信じつつ、後半も過ごしていきたいと思います。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-12-20 11:03 | クリニック

夫の精液検査結果

排卵後確認でクリニック行ってきました。
これで今タームの受診はおわり。あとは判定を待つのみです。

エコー検査で内膜の薄さを指摘されてしまいました…。
「子宮内膜を厚くする方法」とされることをあれこれ頑張っているのですが、やはりそう簡単には厚くなってくれないのですね。

今回先生に、
「子宮内膜が厚くなりにくい場合、人工授精や体外受精にステップアップしでも着床しにくいってことですか…?」と質問してみると、
確かに薄いと着床にしにくいです、ただ厚くするための薬などはあるのでそれを試すこともできます、と。
で、今回以前に処方されたものと同じ薬2種を出していただきました。

ただ今回はタイミングが合っていないと思われるので、無駄に終わってしまうかもですね。
あと気になっていることとして、今回は特に高温期の体温上昇がイマイチ。
一応、低温期と高温期は分かれてはいる感じですが、なんかガタガタで。今日もけっこう下がってしまっていたし、高温期にM字型を描く人は妊娠しにくいと聞いたのでこれまた凹んでます。

そういえば今回は始めて朝イチの予約が取れたのですが人が少ないのにびっくり!
いつもは3,4時間コースですが、30分強で終了。今後は頑張って朝イチ予約を狙っていきたいです。仕事を持つ身をしては助かります。

そして今回、ドキドキだったのが、先日の夫の精液検査の結果。
見て驚きました。夫の精子びっくりするくらい元気で優秀! すべての数値において、基準値の3倍以上よかったりして先生も驚かれてました。帰って夫に報告すると、本人とても喜んでいましたが、ということはやはり問題は、私側ということでなんだか夫にはとても申し訳ない気分になりました…。
今期はメンタル面で負けてしまっていたような気がします。いろいろ投げやりだったし。
次回はもっと気持ちを強く持って頑張ろう。

今回は職場でかなりストレスフルなことがあり、終始イライラしていたのをとても反省しています。その反動からくるストレス解消として、私の場合は食欲で・・・。
ちょっとコワイくらいでした・・・。
自分の身体も、もっともっと大切にいたわってあげようって、つくづく思った次第です。

先生には、年内はタイミングを続けるつもりですと伝えました。
明日は2回目の鍼灸です。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-11-01 07:00 | クリニック

そろそろ・・・

ブログの更新がしばらくできていませんでしたが本日D25。
そろそろ運命の日が近づいています・・・。

前回のクリニック受診では、エコー検査で排卵済みの確認をしてもらいました。この時、気になる子宮内膜の厚さが聞けなかったので(わたしは子宮内膜が薄いらしいのです)、どういう状況なのかがかなり気がかりですが、その後の問診にて妊娠検査薬を渡されました。

今回の先生には初めて診ていただいたのですが「ちゃんとした検査結果が得られるように、妊娠判定は10月14日にしましょう」との指示でした。

10月14日といえば、D29にあたり、生理周期が25,6日の私がこの日にまだ生理が来ていなければ、妊娠している確率はかなり高いといえるでしょう。

判定日の判断がいつもと違うことにちょっと期待をしてしまう、なんとも前向きな私ですが、判定日を待たずしてガッカリすることになる可能性ももちろんあるわけで・・・、なんとも複雑な3連休となりそうです。

今朝の基礎体温は36.91度と高めだったので、これまたちょっと期待してしまったり・・・。毎回この時期はいろんなことに一喜一憂している感じがします。


前回の記事をアップしてからの期間、amazonで気になる子宝本関連を数冊購入したので、それを読んでいたのですが、その中の1冊があまりに衝撃的過ぎて、今後どうしたものか・・・と、かなり面喰ってしまいました。

というのも、これまで“よい”と信じて疑わなかったこと、それは不妊治療界ではいわば常識として通用していたようなこと、そして私もそれを信じてここ最近、せっせと実践していた数々のことを、根底から覆されるような内容だったからです・・・。

しかしながら、読み進めていくうちに納得できる部分も多々あり、私の妊活は只今軌道修正中です。

この件については、また改めて詳しく書きたいと思います。




[PR]
by ri-ri-co | 2013-10-10 11:29 | クリニック